個人型確定拠出年金ナビ「iDeCoナビ」 運営:特定非営利活動法人 確定拠出年金教育協会

MENU

確定拠出年金とは? 個人型と企業型の違い

確定拠出年金には、個人型と企業型があります。
いずれも老後資金を作る制度ですが、個人型(iDeCo)は自分で自分の老後に備える制度、企業型は会社の退職金制度です。
確定拠出年金の個人型と企業型の主な違いを、確定拠出年金教育協会がわかりやすくまとめました。

  確定拠出年金
個人型(iDeCo)
確定拠出年金
企業型
加入

自分の意志で入る任意加入

※加入条件があります→「加入資格かんたん診断

会社が退職金制度として導入している場合に加入

※加入対象者が決められていたり、加入するかを選べるケースもあります

掛金

自分が負担

※拠出上限は「加入資格かんたん診断」で確認できます

会社が負担

※会社負担分に従業員本人が上乗せして拠出できるケースもあります

納付方法

自分の口座から振替

※給与天引きにより会社から納付してもらうこともできます

会社から納付

金融機関の選択

自分が選択

会社が選択

運用商品

自分が契約する金融機関で用意している商品から選ぶ

会社が用意してくれている商品から選ぶ

口座管理料

自分が負担

会社負担のケースが多い

※従業員本人が負担するケースもあり、制度の規約で定められています

姉妹サイト・たあんとの人気記事

iDeCo(イデコ)で得しながら老後資金を作るために必要な全てのこと

個人型確定拠出年金「iDeCo」の加入前に知っておきたい6つのこと

iDeCo(イデコ)デビューする公務員は要チェック!後悔しない金融機関の選び方を教えます

手数料や運用商品からみる、iDeCo(イデコ)おすすめ金融機関

公務員の収入ランキングから考えるiDeCo(個人型確定拠出年金)の魅力

トップページに戻る

PAGE TOP