個人型確定拠出年金ナビ「iDeCoナビ」 運営:特定非営利活動法人 確定拠出年金教育協会

MENU

個人型確定拠出年金「iDeCo」って?

加入者が月々の掛金を拠出(積立)し、予め用意された金融商品で、運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取ります。
※60歳になるまで、引き出すことはできません。

税制優遇

※毎月拠出する掛金は 全額所得控除の対象となり、課税されません。

※年金として受け取る場合には雑所得(公的年金等)となり公的年金等控除が適用されます。
※一時金として受け取る場合には、退職所得控除として課税され、退職所得控除が適用されます。

コチラから、早速、自分の税控除を確認してみよう。

掛金(積立)

月額5,000円以上 1,000円単位

それぞれ上限は、下記となります。

2017年1月~

公務員

月1万2000円

会社員(企業年金あり)

月1万2000円・2万円※1

会社員(企業年金なし)

月2万3000円

専業主婦(夫)

月2万3000円

自営業

月6万8000円※2

  • ※1企業年金の種類によって異なりますので、詳しくはこちらで加入資格とともに確認下さい。
  • ※2国民年金基金や付加保険料と合わせて6万8000円が限度となります。
  • ※2国民年金保険料が未納の月は掛金を納めることはできません。

掛金を拠出せず、残高の運用のみを行う「運用指図者」となることもできます。

掛金拠出の休止・再開

申し出手続きをすることはいつでも可能です。

納付方法 口座振替

自営・無職の方はご本人口座からの引落しです。会社員は、給与天引きまたは、ご本人口座からの引落しとなります。

  • ※前納、追納という制度はありません。
  • ※口座引落日に残高がなく掛金を納付できない場合、その月は未納扱いとなります。

金額の変更 年1回

毎年4月~翌年3月までの間に1回だけとなります。
被保険者種別変更時の金額変更は変更回数に含みません。

運用

選択する金融機関(運営管理機関)によって用意されている金融商品が異なります。

  • ※商品を選択する際には、長期の運用となりますので、カテゴリーだけでなく、商品に係る手数料(投資信託の信託報酬、保険商品の解約控除など)も、よくご確認ください。
  • ※パンフレットだけではわかりにくい場合には コールセンターを積極的に利用することをお勧めします。

給付

給付の種類は3種類

「老齢給付金」「障害給付金」「死亡一時金」
「老齢給付金」は原則(※)60歳から給付請求が可能です。

  • ※受給開始年齢は通算加入者等期間によって異なります。
    通算加入者等期間は個人型年金および企業型年金における加入者・運用指図者の期間の合算となります。

5年から20年の有期年金または一時金です。詳細は金融機関にご確認ください。
70歳になっても請求しない場合は、全額一時金として支給されます。

通算加入者等期間 受給開始年齢
10年以上 満60歳
8年以上10年未満 満61歳
6年以上8年未満 満62歳
4年以上6年未満 満63歳
2年以上4年未満 満64歳
1ヶ月以上2年未満 満65歳

姉妹サイト・たあんとnetの人気記事

iDeCo(イデコ)デビューする公務員は要チェック!後悔しない金融機関の選び方を教えます

個人型確定拠出年金「iDeCo」の加入前に知っておきたい6つのこと

公務員の収入ランキングから考えるiDeCo(個人型確定拠出年金)の魅力

知らないと損をする! かんたん、NISAとiDeCoで差がつくお金の育て方②

iDeCoとNISA 非課税制度をWで使う! あなたもこれでスーパーお金美人

トップページに戻る

PAGE TOP