個人型確定拠出年金ナビ「iDeCoナビ」 運営:特定非営利活動法人 確定拠出年金教育協会

MENU

誰でも加入することができるのですか?

このページをシェアする

現在は原則20歳(✻)から60歳までの方なら加入できます。

加入できないのは

①自営業などの大地号被保険者で国民年金保険料を納めていない方(免除を含む)

➁企業型確定拠出年金の対象者でiDeCoに入ることが勤務先で認められていない方

✻厚生年金被保険者であれば20歳未満も可【詳しくはこちらで加入資格診断をしてみてください。

【2022年加入者範囲がさらに広がります】

①2022年5月
会社員や公務員のように厚生年金被保険者として60歳以降も働く場合は、65歳まで加入できるようになります。ただし、公的年金を繰り上げ受給している場合や既にiDeCoの受け取りを一部でも行っている場合は加入できません。

➁2022年10月
企業型確定拠出年金の対象者でも勤務先で認められているかに関わりなく、iDeCoに同時加入できるようになります。
詳しくは「2022年版加入資格診断」でご確認ください。

Q&A一覧へ

\ 多くの比較項目の中から、主な項目をギュッと凝縮し一覧にしました /

金融機関ざっくり比較

参考サイト、たあんと・投資のキホンの人気記事

イデコ(iDeCo)とは?メリット・デメリットを預金者目線で検証してみた

【手数料最安】iDeCoおすすめ金融機関10選【証券会社&銀行を比較】

【早見表付き】税金を安く!イデコ(iDeCo)節税額を試算してみた

【iDeCo(イデコ)完全読本】おすすめ比較&初心者向け解説【2021年】

数あるiDeCoのおすすめ銘柄選び、タイプ別のおすすめの考え方をご紹介

積立額が多いほど節税に!イデコ(iDeCo)掛け金の上限額は?

個人型確定拠出年金「iDeCo」の加入前に知っておきたい6つのこと

会社員がイデコ(iDeCo)を始めるために必要な情報をまとめた

トップページに戻る

このページをシェアする

PAGE TOP