個人型確定拠出年金ナビ「iDeCoナビ」 運営:特定非営利活動法人 確定拠出年金教育協会

MENU

iDeCoの制度が変更されます!法改正でどう変わる?

2022年からiDeCoのルールが一部変更になります。いったい何が変わるのでしょうか? 詳しく解説します。

このページをシェアする

2022年の10月~ iDeCoと企業型DCの併用

現在は企業型DCに加入している場合、iDeCoに加入することはほぼできませんが、多くの人がiDeCoとの併用を選ぶことができるようになります。

企業型DC加入者のためのiDeCo

お勤め先で加入している企業年金制度によってiDeCoの積立限度額や利用する上での留意点が異なります。ご自身が該当するバナーをクリックいただければ5分程度の解説動画がご覧いただけます。

併用できるiDeCoの制度説明動画

  • 【1】企業DCのみ加入している方 企業型DC マッチング拠出あり
  • 【2】企業DCのみ加入している方 企業型DC マッチング拠出なし
  • 【3】両方加入している方 企業型DC マッチング拠出あり + DB 確定給付企業年金
  • 【4】両方加入している方 企業型DC マッチング拠出あり + DB 確定給付企業年金

マッチングとは

  • 企業型DCの会社掛金に自分で掛金を上乗せする仕組みのこと。
  • 社会保険料の軽減を前面に出してPRされる給与(または賞与)内枠選択制とは異なる。
  • 勤務先の企業型DCによってマッチングがあるケースとないケースがある。
  • マッチング拠出として自分が上乗せできるのは原則、会社掛金まで。

60歳になって企業型DCの加入資格がなくなってしまった方は下記をご覧ください。
【5】60歳以上で企業年金未加入

加入手続きについて

iDeCo加入手続き

自分で老後資金を積み増すiDeCo。併用時の留意点をチェックして、なるべく若いうちから併用をおすすめ!

企業型DC・iDeCoの併用可能対象拡大!ポイントは「マッチング」にあり

企業型DC・iDeCoの併用可能対象拡大!ポイントは「マッチング」にあり

マッチング拠出ありの場合 あえて「iDeCoを利用しない」ほうがよいことも

マッチング拠出ありの場合 あえて「iDeCoを利用しない」ほうがよいことも

2022年の5月~ iDeCoの加入可能年齢が拡大

かつては60歳未満という年齢制限がありましたが、国民年金被保険者であればiDeCoに加入できるようになりました。

60歳以上でも会社員や公務員として働き続ける65歳未満の方などが新たに加入可能となります。

すでに50代になっている方の新規加入も60歳以降加入可能ならば老後資金作りのラストスパートとしておススメです。

iDeCoの掛け金積立期間が5年間延長!対象となる条件は?

iDeCoの掛け金積立期間が5年間延長!対象となる条件は?

iDeCo「受取開始時期の繰り下げ」でトクするケースは意外と少ない!?

iDeCo「受取開始時期の繰り下げ」でトクするケースは意外と少ない!?

参考サイト、たあんとの人気記事

トップページに戻る

このページをシェアする

PAGE TOP