個人型確定拠出年金ナビ「iDeCoナビ」 運営:特定非営利活動法人 確定拠出年金教育協会

MENU

このページをシェアする

掛金を積立てすると、どれくらい税負担が軽減されるか計算してみよう!

500
30
68,000

計算する

※このシミュレーションはあくまでも節税額のイメージを掴んで頂くための概算であり、実際の金額とは異なりますのでご注意ください。

【前提条件】

  • 給与所得者を想定し、積立の前後で課税所得テーブルが変わらないものとしています。
  • 所得税率は令和2年現在の税率を用いておりますが、復興特別所得税は加味しておりません。
  • 住民税率は一律10%としています。

積立時の税メリット(所得税部分)イメージ

給与所得に係る所得税計算の手順(イメージ)

参考サイト、たあんと・Finaseeの人気記事

イデコ(iDeCo)とは?メリット・デメリットを預金者目線で検証してみた

【2021年】おすすめiDeCo商品&金融機関比較ランキング!選び方も解説

【早見表付き】税金を安く!イデコ(iDeCo)節税額を試算してみた

iDeCo(イデコ)に関する初心者の疑問・質問を全てわかりやすく解説

数あるiDeCoのおすすめ銘柄選び、タイプ別のおすすめの考え方をご紹介

積立額が多いほど節税に!イデコ(iDeCo)掛け金の上限額は?

個人型確定拠出年金「iDeCo」の加入前に知っておきたい6つのこと

会社員がイデコ(iDeCo)を始めるために必要な情報をまとめた

トップページに戻る

このページをシェアする

PAGE TOP