個人型確定拠出年金ナビ「iDeCoナビ」 運営:特定非営利活動法人 確定拠出年金教育協会

MENU

よく見られているiDeCo(イデコ)金融機関ランキング

このページをシェアする

iDeCo(イデコ)を始める上で、最初に悩むのは金融機関えらびではないでしょうか。手数料・商品内容・サポート体制・・・初めてなのに考えることが多くて大変という声をよく耳にします
「一体みんなはどの金融機関を選んでるの?」そんな疑問にお応えすべく、iDeCoナビにご訪問いただいたユーザーがチェックしている金融機関トップ10をご用意しました。

金融機関ページ閲覧数トップ10(2021年8月)

2021/09/01現在

順位 金融機関名 運用期間中
かかる費用(毎月)
積立の場合
WEBの
使いやすさ
商品数 申込み
詳細は
こちら
1 楽天証券 171円 ★★ 32 資料請求
2 SBI証券 171円 ★★ 37 資料請求
3 イオン銀行 171円 ★★★ 24
4 三井住友銀行(みらいプロジェクト) 171円 ★★★ 24 資料請求
三井住友銀行(標準コース) 431円 29
5 野村證券 171円 ★★★ 32 資料請求
6 ゆうちょ銀行 430円 34
7 りそな銀行【個人払込】 493円以内 ★★★ 32 資料請求
りそな銀行【イデコプラス割】 171円 32
8 みずほ銀行(資産50万円未満) 431円以内 ★★★ 30 資料請求
みずほ銀行(資産50万円以上) 171円 30
9 三菱UFJ銀行/三菱UFJ信託銀行【ライトコース】 431円 10
三菱UFJ銀行/三菱UFJ信託銀行【標準コース】 556円 32
10 東京海上日動火災保険 490円 ★★★ 20
※本ランキングはiDeCoナビ金融機関別ページ閲覧数に基づいており、実際の加入者数を集計したものではございません。

参考サイト、たあんと・Finaseeの人気記事

イデコ(iDeCo)とは?メリット・デメリットを預金者目線で検証してみた

【2021年】おすすめiDeCo商品&金融機関比較ランキング!選び方も解説

【早見表付き】税金を安く!イデコ(iDeCo)節税額を試算してみた

iDeCo(イデコ)に関する初心者の疑問・質問を全てわかりやすく解説

数あるiDeCoのおすすめ銘柄選び、タイプ別のおすすめの考え方をご紹介

積立額が多いほど節税に!イデコ(iDeCo)掛け金の上限額は?

個人型確定拠出年金「iDeCo」の加入前に知っておきたい6つのこと

会社員がイデコ(iDeCo)を始めるために必要な情報をまとめた

トップページに戻る

このページをシェアする

PAGE TOP