個人型確定拠出年金ナビ「iDeCoナビ」 運営:特定非営利活動法人 確定拠出年金教育協会

MENU

掛金分の所得控除を受けるためにはどのような手続きが必要ですか?

このページをシェアする

年1回、掛け金としていくら積立てたか、申告をする必要があります。

天引きで積立てしている場合を除き、年1回、掛け金としていくら積立てたか、申告をする必要があります。

手続き方法は所得税の申告方法や掛け金の納付方法によって手続きが異なります。

フリーランスや自営業の方は、確定申告、サラリーマンの方で自分の銀行口座からの引き落としにより積立てしている方は、年末調整か確定申告のいずれかの方法で申告を行います。

その際に1月から12月までの積立額を証明する「小規模企業共済等掛金払込証明書」の添付が必要になります。9月までに引き落としを開始していれば10月下旬から11月初旬あたりに国民年金基金連合会から圧着ハガキで届きますから、なくさないようにしましょう。10月以降の引き落とし開始の方は発送時期が遅くなりますが、確定申告には間に合うように1月には届くはずです。

サラリーマンの方で給与現引きによって積み立てをしている方は、勤務先が掛金額を把握しているので、源泉徴収される際にそれが反映されているため、ご本人が手続きをする必要はありません。

Q&A一覧へ

\ 多くの比較項目の中から、主な項目をギュッと凝縮し一覧にしました /

金融機関ざっくり比較

参考サイト、たあんと・投資のキホンの人気記事

イデコ(iDeCo)とは?メリット・デメリットを預金者目線で検証してみた

【手数料最安】iDeCoおすすめ金融機関10選【証券会社&銀行を比較】

【早見表付き】税金を安く!イデコ(iDeCo)節税額を試算してみた

【iDeCo(イデコ)完全読本】おすすめ比較&初心者向け解説【2021年】

数あるiDeCoのおすすめ銘柄選び、タイプ別のおすすめの考え方をご紹介

積立額が多いほど節税に!イデコ(iDeCo)掛け金の上限額は?

個人型確定拠出年金「iDeCo」の加入前に知っておきたい6つのこと

会社員がイデコ(iDeCo)を始めるために必要な情報をまとめた

トップページに戻る

このページをシェアする

PAGE TOP