個人型確定拠出年金ナビ「iDeCoナビ」 運営:特定非営利活動法人 確定拠出年金教育協会

MENU

本人口座からの振り替えでも加入後に登録事業所として行わなければならないことはありますか?

このページをシェアする

年1回、加入者資格の確認が必要です。また、2022年以降の法改正の内容を理解し、社員への情報提供準備を進めましょう。

年1回6月中旬ごろ「第2号の加入者届出書 兼 第2号に係る事業主の証明書」が届きましたら、対象者の加入資格の有無を確認し、期日までにご回答ください。

個人型確定拠出年金規約(50条)にて、事業主様は年に一度加入資格の有無について国民年金基金連合会へ報告することが定められています。

2024年12月には資格要件を確認できるシステムの構築が完了するため、以降は年1回の資格確認はなくなります。

iDeCo掛金の限度額が、2022年10月以降企業型DCの掛金額、2024年12月以降DB等の掛金額を反映する形になります。

企業型DCやDB等の制度がある場合は、従業員に対して必要な情報提供ができるよう徐々に進めておくとよいでしょう。

Q&A一覧へ

\ 多くの比較項目の中から、主な項目をギュッと凝縮し一覧にしました /

金融機関ざっくり比較

参考サイト、たあんと・投資のキホンの人気記事

イデコ(iDeCo)とは?メリット・デメリットを預金者目線で検証してみた

【手数料最安】iDeCoおすすめ金融機関10選【証券会社&銀行を比較】

【早見表付き】税金を安く!イデコ(iDeCo)節税額を試算してみた

【iDeCo(イデコ)完全読本】おすすめ比較&初心者向け解説【2021年】

数あるiDeCoのおすすめ銘柄選び、タイプ別のおすすめの考え方をご紹介

積立額が多いほど節税に!イデコ(iDeCo)掛け金の上限額は?

個人型確定拠出年金「iDeCo」の加入前に知っておきたい6つのこと

会社員がイデコ(iDeCo)を始めるために必要な情報をまとめた

トップページに戻る

このページをシェアする

PAGE TOP